YOKOの歳時記

大長今 日々の記録 語学学習 日本国憲法

旧ブログ 大長今二次小説

三水(サムス)の冬 流刑地の十年 その2

三年後 「令監! 大長今様は、誠に素晴らしいお方です。昨年の春先、飢饉に備えて野にある草草の植え付けを建白なさいました。ナルコユリの根、ヒルガオの根、またニレの皮や、桃の木の樹皮など、その種類は多岐に渡っております。更にはまた、以前天然痘の…

三水(サムス)の冬 流刑地の十年 その1

一年後 ハッ!…夢か?…夢なのだ!… どうしてこのような愚かな夢を…、これほどまでに浅ましい夢を…。 三水の冬は冷たい。一年前に流罪を仰せつかった時、その準備も出来ぬままに冬を迎えた。半年近くも続いた雪と氷の世界、高山の厳しさに身を凍らせた。朝目…

大長今二次小説 その後の二人

その手を引き山道に分け入って、チャングムを説得した。 「いけません、ナウリ、私は殿下の主治医です。力及ばずとも最後までお供するのが務めなのです。」 「ではチャングムさんは、私に賜った殿下の最後の御命令を無視されよとおっしゃるのですか?王の主…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」最終章산길을 도망간 그 후Ꮿ

「 하지만 조금 전은, 출산이 걱정과 말씀했어? 」 「でもさっきは、お産が心配とおっしゃいませんでしたか?」 「예, 역시 걱정이에요. 「ええ、やはり心配です。 김씨의 남편의 기분을 생각하면 정말로 미안해서…」 キムさんのご主人のお気持ちを思うと本…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」12산길을 도망간 그 후의

그러면, 이제 너무 힘들게 껴안는 것은 할 수 없다, それでは、今までのようにはもうあまりきつく抱き締めることは出来ないのだ、 조심하지 않으면…, 장금은 나의 아기를 임신하고 있다,중요한 몸이기 때문에 気を付けなければ…、チャングムは私の子を宿して…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」11「사랑의 생활」

그 손에 닿는 것 조차 할 수 없어서 헤어져 その手に触れることさえ出来ずに別れ、 그 모습을 보는 것 신통치 않게 산 10년의 날들. その姿を見ることさえ無く生きた10年の日々。 기분의 멀어지는 긴 고독의 끝에 연결된 두 명에게, 気の遠くなるような長い…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」10「사랑의 생활」

「 실은,…김씨는 나보다 20세나 연하로…, 「実は、…キムさんは私より20才も年下で…、 첫 출산 였지만 도와서 올려지지 않아, 初産だったのに助けて上げられなくて、 의녀로서 정말로 미안하고…그렇게 생각하는 것과 동시에,… 医女として本当に申し訳なく…そ…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」9「사랑의 생활」

「…저, 서방님,…실은, 이야기하지 않으면 안 되는 것이…」 「…あの、チョンホ様、…実は、お話しなくてはならないことが…」 「무엇을? 뭐든지 말씀하세요. 」 「何でしょう?何でもおっしゃってください。」 「실은…, 나 매우 불안해요. 더이상 젊지는 않고……

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」8 산길을 도망간 그 후의

소의 출산은 곧바로 있었다. 牛の出産はすぐにあった。 분발해 나간 장금이지만, 돌아왔을 때에는 푸른 얼굴을 하고 있었다. 意気込んで出かけて行ったチャングムだが、帰ってきた時には青い顔をしていた。 출산의 장소에서 토해 버린 것 같다. 出産の場で吐…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」7 산길을 도망간 그 후&#51032

대장금으로서의 10년의 정진은, 大長今としての10年の精進は、 나의 상상을 초월하는 곳에서 장금을 데려 가 버린 것 같다. 私の想像を絶する遥かな高みへとチャングムを連れて行ってしまったようだ。 기쁘기도, 그러나 보통 사람에서는 도저히 생각해내지 …

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」6 산길을 도망간 그 후의

「무엇을?」 「何ですか?」 「 실은 전에도 생각했던 적이 있었습니다만…. 「実は前にも考えたことがあったのですが…。 소가 출산할 때에 난산의 경우에, 牛の出産の時難産の場合に、 송아지를 돕기 위해 어미소의 물러나 찢는 일이 있지요. 子牛を助ける…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」5 산길을 도망간 그 후&#51032

이튿날 아침 눈을 뜨면, 장금이 나의 얼굴을 들여다 보고 있다. 翌朝目覚めると、チャングムが私の顔を覗いている。 무심코 기쁨이 가슴에 복받쳐 왔지만, 그 눈동자는 나를 보지 않았었다. 思わず喜びで胸が高鳴ったが、その瞳は私を映してはいなかった。 …

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」 4の2산길을 도망간 그 후&#510

그러나 부부와는 불가사의 것. 찜질이 끝나고 장금이 미소지을 때, しかし夫婦とは不思議なもの。罨法が終わってチャングムが微笑む時、 그것이 오늘 밤의 의미하는 곳을 읽어낼 수 있게 되었다. それが今宵の意味するところを読み取れるようになった。 그 …

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」 4の1 산길을 도망간 그 후3

장금이 매일 밤 나를 위해 해 주는, 또 하나의 일, チャングムが夜毎私の為にしてくれるもう一つのこと、 그것은 나의 손과 다리에의 찜질이다. それは私の手と足への罨法である。 둘이서 산길을 피해 온 밤, 나의 양손을 잡고, 얼굴에 누르고 울어 버린 장…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」 3の2산길을 도망간 그 후Ǿ

장금을 가슴에 제대로 껴안고, 그 머리카락을 쓰다듬고 있으면, チャングムを胸に抱えその髪を撫でていると、 어느새든지 사랑스러운 숨소리가 들려 왔다. いつの間にやら可愛らしい寝息が聞こえてきた。 나의 가슴의 고동은 아직도 전혀 가라앉지 않는데, …

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」3の1산길을 도망간 그 후Ꮿ

그 밤은 응급의 호출도 없고, 행복한 때를 보냈다. その夜は急病の呼び出しもなく、幸せな時を過ごした。 장금과 거듭하는 밤은 나의 지금까지의 고독을 일시에 지워 없애 버렸다. チャングムと重ねる夜は私の今までの孤独を一遍に消し去ってしまった。 정말…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」2の続き 산길을 도망간 그 후3

その2の続き 「 하오나 저는 서방님의 아내예요. 「でも私はチョンホ様の妻です。 아내가 서방님에게 시중드는 것은 당연해요, 그것이 기쁨이기도 합니다. 」 妻が夫にお仕えするのは当然です、それが喜びでもあるんですよ。」 「장금 답지 않다, 당신에게…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」2 산길을 도망간 그 후&#51032

저녁 빨리 일을 끝나 방을 들여다 보면, 夕方早めに仕事を仕舞い部屋を覗くと、 괴로운 것 같은 얼굴로 아직 자고 있다. 辛そうな顔でまだ眠っている。 이렇게도 마음 아파하고, こんなにも心を痛めて、 지금부터 궁핍한 백성중에서 의술을 계속하는 것은 곤…

大長今ハングル二次小説その後の二人「愛の暮らし」1 산길을 도망간 그 후의

이 몇일간, 장금의 피로는 상당한의 것입니다. この数日、チャングムの疲れは相当のものだ。 초산으로 역아의 출산을 시중들기 위해, 숙박을 계속했다. 初産で逆子のお産の付き添いで、泊り込みを続けた。 결국 도울 수 없었던 것을 스스로에 꾸짖고 있다. …